新潟県「トキをプロデュース・野生復帰推進事業」の一環として、3回シリーズで広く様々な方と対話するイベントを開催しています。

第2回は、Niigata Interview Magazine LIFE-magを発行する小林さまから取材を通して発見した佐渡の魅力や編集者の立場からの情報発信について、また東京からは一般社団法人企業間フューチャーセンターの若松悠夏さま、臼井清さまを招いて、外から見た佐渡の魅力とコラボレート(連携・協働)の可能性をお伺いします。

そして、参加者全員で佐渡の可能性を広げていくダイアログ(対話)を行っていきます。

いっしょに佐渡の魅力を語り合いませんか?
ご参加お待ちしております。

◆日時:平成27年11月22日(日)12時半~14時半


◆定員
15名程度

◆参加費
無料(昼食が必要な方は1500円で提供)

 

◆会場

Guest Villa on the 美一(佐渡市河原田諏訪町207-76)

 

◆申込方法

以下の申込フォームよりお申し込みください。


◆ゲスト
・小林 弘樹さま(Niigata Interview Magazine LIFE-mag 編集発行人)
ノンジャンルのローカルインタビュー誌「LIFE-mag」を発行。芸術・芸能、政治、産業、宗教、学術など、多様なテーマでインタビューを展開。「生き方の多様さこそが、その街の豊かさ」をモットーに、靴底を磨り減らし、各街々を歩き、取材をかさねている。

・若松悠夏さま、臼井清さま(一般社団法人企業間フューチャーセンター)
「よりオープンに、よりコラボレーティブに。」をコンセプトに、人の意見を聞き、多様性を感じ、意見を受け止め、自分の考えを作り出していく場づくりを手掛ける。対話の場から創出するアイデアや価値によってイノベーションを目指す場として、これまで80回以上のイベントを開催

◆プログラム内容(案)
12:30 はじめに  
12:35 インプットトーク1:小林さま
12:50 インプットトーク2:若松さま、臼井さま
13:05 パネルトーク
13:40 ワールドカフェ
14:20 全体共有
14:30 終了

★こちらのイベントは全3回のシリーズイベントです★
どのイベントも単発で参加いただけますが
連続性も持たせておりますので、全回参加もおすすめです

<開催コンセプト>
佐渡には、日本独自・古来の魅力に通じるものが多く存在しています。世界農業遺産にも認定された美しい「棚田」や「天然杉」に代表される、ジオパークとしても楽しめる豊かな自然と美しい海。
流刑地だったことから根付いた日蓮上人に由来する歴史的な遺跡や世阿弥の残した「薪能」、佐渡にしかない古典芸能「鬼太鼓」などの伝統芸能。
清らかな水質による「温泉」。
北雪酒造をはじめとした酒蔵や美味しいお酒、海の幸・山の幸にあふれる美味しい食。
そしてなにより佐渡といえば学名ニッポニア・ニッポン!佐渡にのみ生息する「トキ」との共生が最も注目されるところです。

このように、佐渡には、数をあげれば限りのないほど、これぞ日本!と言えるような魅力がたくさん詰まっています。佐渡の魅力を紐解くことは、とりもなおさず日本の魅力や価値を再発見することにつながっていくのではないでしょうか。

第1回【東京】2015年10月31日(土)13:30~17:30《終了》
第1回は、東京大手町の3×3Laboで開催。「佐渡/日本の魅力や価値、外からの期待」についてゲストから語っていただき、参加者同士で「佐渡/日本の魅力とは?」について対話を行った。

第2回【佐渡】2015年11月22日(日)12:30~14:30
第2回は、実際に佐渡を訪れていくつかのスポットを巡った後、地域の方と意見交換する時間を持ちます。実際に佐渡を訪問し、体験することで、佐渡の魅力を参加者自ら発掘していきます。

第3回【東京】2015年12月22日(火)13:30~17:30
第3回は再び東京大手町の3×3Laboで、これまで見、知ってきた佐渡の多様な魅力を振り返りながら、改めて佐渡・日本の魅力について対話の中で考えていきます。そして、そうした魅力をどのように発信していくのかについて、アクションプランを作ってみます。

 

申込

メモ: * は入力必須項目です