ひたすらに「生きる」を肯定する。

それが伴走するということ

 

 昔ながらのコミュニティが残る沼垂という地域で、生きづらさを抱えた若者が何かを得ることができる小さな社会づくりを行っています。新潟市の「地域活動支援センター事業補助金」の交付を受けて運営しています。彼らの得意分野を活かしながら、地域住民にも役立つ仕事をいくつか組み合わせています。

 例えば「ご用聞きサービス」といって、若者が障子の張り替え、庭木の選定、草刈りなどお手伝いしたり、併設している「やさい村」で購入した牛乳や惣菜などを自宅に若者が見守りもかねて届ける「行商」など。定期的に行っている親御さんも参加できる相談会もあります。どんな人と出会い、どんな関わりができるか。何もしたくないかもしれないけれど、とりあえず出会いましょう。

 

◯相談会:水 13:30~16:00(要予約)※時間曜日は相談可

◯相談:ご本人500円・ご家族1,000円