それでも、生きるということ ―

 

病気になるのってつらい。風邪をひいただけでも、つらいってのに。

僕は32歳のときにうつ病になった。割と厄介な病気で、今も薬の服用を続けている。

妻は「線維筋痛症」というこれも割と厄介な病気と闘病中。そう、病気な夫婦だ。

それは運が悪いからですか?―それは違う。

病気に意味ってあるんですか?―誰も答えられない。

人と違うからとか、病気だからって仕事も減って、社会から弾き出されて、生きていく意味も薄くなっちゃうなんて不公平だ。

だから僕たちは居場所を作ることにした。そして、社会への再チャレンジを応援するのだ。精一杯応援するのだ。

病気や障がいを抱えても生きるのだ。

生きづらさを抱えながら生きるのだ。

 

私たちができること

◯お困りごと/生きづらさ相談 

◯就労のためのトレーニング(就労準備支援事業) 

◯若者の居場所(月・火・金曜日OPEN) 

◯ひきこもり家庭相談