自殺防止小冊子「死ぬな!〜あなたが(を)救えるかもしれない〜」第7版発行

 全国の自殺者数は近年減少傾向ですが、新潟県は常にワースト10位圏内に留まっています。当会では、県全体で進められる自殺予防対策の充実・強化に対し、新潟県からの補助金等や関係団体からの協賛、さらには市民からのご寄付により、"市民協働による自殺対策ネットワーキング事業"に取り組み、その一環として、小冊子「死ぬな!」を2011年から発行してきました。

 

 新潟県内に700以上あるNPO法人には、心に寄り添う「人の支援」を行う団体も多数あり、こうした団体の「存在」やサポートする「場所」が身近にあることを県民に伝えることで、自殺防止に繋げることを目的としています。 

 県内の自殺に関する実態を数値で説明している他、「人の支援」を行う団体の事業内容を、担当職員の顔と名前入りで紹介しています。 

 

 本冊子は、新潟県内の公的な相談窓口、県内の社会福祉協議会、薬局各店、弁護士事務所などに設置されている他、以下、PDF形式でダウンロードすることもできます。

 

ダウンロード
今すぐ 全ページ一括でダウンロード(第8版)
自殺防止小冊子(全ページ、圧縮版)
shinuna_vol8.pdf
PDFファイル 13.2 MB
配布場所

働く悩み何でも相談ダイヤル,連合新潟(日本労働組合総連合会新潟県連合会)
法律の専門家による自殺対策,新潟県弁護士会
解決の糸口を見つけるサポート,新潟県ライフサポートセンター
心のカウンセリング,スプーンフィールド
若者の社会参加を支援,特定非営利活動法人若者自立支援ネットワーク伴走舎
フォルトネットから産まれたオープンスペース,フォルトネットねころんだ
若者たちへ粘り強い支援を,特定非営利活動法人えちご若者元気塾
若者の居場所,特定非営利活動法人新潟ねっと
子供の悩みを聴く専用ダイヤル,チャイルドラインにいがた
24時間対応の子どもシェルター,特定非営利活動法人子どもセンターぽると
不登校に寄り添う,特定非営利活動法人学びのスペースあうるの森
子どもの人権意識を育てる,特定非営利活動法人子ども・人権CAP・にいがた
女性が自分の人生を生きるために,特定非営利活動法人女のスペース・にいがた
女性を元気にするために,特定非営利活動法人女のスペース・ながおか
ママの笑顔を応援しています!,特定非営利活動法人はっぴぃmama応援団
ひきこもる若者たちと家族を支援,NPO法人KHJにいがた「秋桜の会」
中途視覚障害者の支援のために,NPO法人障害者自立支援センターオアシス
ギャンブル依存症という病気があります。公益社団法人ギャンブル依存症を考える会
家族同士、解決の道を一緒に探そう,新潟県薬物依存症者を抱える家族の会
僧侶として自殺対策に取り組む,特定非営利活動法人自殺防止ネットワーク風
「友引」に、住職が寄り添う悩み相談,友引ほっとライン
自由に集う交流の場「心の駅」,特定非営利活動法人おぢや元気プロジェクト
抱えている辛さや悩みを話せる居場所,NPO法人Cocollabo Party
自死遺族が語りあう集い,自死遺族語り合いの会虹の会
母が導いてくれたグリーフケア,こもれびのなか
自死遺族同士が分かち合える場所,自死遺族分かち合い越後逢うる
うつ症状の当事者の会,うつの方のお話し会,じんわり交感会